【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

マンション買取する際の必要書類を教えて!

マンションの買取というのは、人生においてそう何度も経験するものではありません。そのため、いざ買取を依頼しようにも手続きがわかる人が周りにおらず、困ることがあります。

そこで、この記事ではマンション買取を依頼する際に必要な書類について具体的な解説をおこなっていきます。

自分の身分を証明するもの

まず、マンションの買取を不動産業者に依頼したいと考えるのであれば、第1に自分がどこの誰であるかということを証明しておかなければなりません。本人になりすまして所有権のない土地を売るという詐欺は、昔から頻繁におこなわれてきたことだからです。身分証明書としては、以下のようなものが有効となります。

・住民票

マンションなどの物件をやりとりする場合の身分証明書としては、免許証や保険証などではなく、より個人の情報について詳細なことが書かれた書類が必要となります。住民票はそうした物件の購入売却、賃貸などの際に必ずといってよいほど必要になってくる書類です。

住民票には「この人物がいったいどこのだれであるか」といったようなことが詳しく記載されており、身分をはっきり証明してくれるものとなっています。業者によっては「住民票の原本」を求めてくることもありますが原本を市役所などから持ち出すことはできないため、実際には原本から直接コピーしたものを提出することとなります。

・印鑑証明書

役所に実印を登録した後、役所などで発行してもらえるようになるのが「印鑑証明書」です。大きな取引である物件の契約にあたっては認め印だけでなく実印が必要となるので、それと同じ効力を持つ印鑑証明書の提出を求められます。印鑑証明書は市役所だけでなく、コンビニやそのほかサービス窓口のある場所でも発行することができるようです。

マンションの権利に関する資料

マンションを売却するにあたっては「その物件が本当に自分のものであるのか」ということに関しても証明をしなければなりません。そのため、下記のような資料が必要になってきます。

・登記済権利証

通称「権利証」とも呼ばれているもので、これを所有しているということは対象の土地の所有権を獲得するための登記がすでに済んでおり、自分のものであると証明することとなります。この書類はその土地を所有している人間しか持つことができないとされているので、信頼性と重要性が非常に高く、だからこそ土地ならび物件の売買においては必要不可欠なものとなっています。

・地積測量図や境界確認書

「地積測量図」はかつてその土地でおこなわれた測量の結果についてまとめたものです。対象となる土地の境界がいったいどこからどこまでなのかといったようなことが記載されています。「境界確認書」というのは隣の土地との境界をはっきりさせるため「境界標」の設置とともに発行されるものであり、どちらも非常に重要な書類となっています。

マンションそのものに関する書類

土地や身分の証明に関する書類だけではなく、売却の対象となるマンションの状態に関する資料なども必要となってきます。

・耐震診断報告書

マンションを対象にかつて実施された耐震診断の結果にまとめられた資料であり「このマンションがどれだけ物件に強いのか」といったことを示す証明ともなります。場合によっては、この資料に書かれている耐震性が買取の成否を左右することもある重要なものです。

・マンション管理規約

その名前の通り、マンションを管理するにあたってのさまざまな取り決めがまとめられています。敷地や共用部の範囲や違反行為、付属施設の取り扱いなどさまざまなことがこの書類の中で定められています。居住にあたってのルールだけではなく、建物の維持管理費をどのように負担していくのかといった金銭的な取り決めについても書かれているので、新たにマンションオーナーとなる側にとっては非常に重要です。

そのほかの書類

そのほかにも、マンション買取の際にはさまざまな資料や書類が求められます。有害物質の有無について確認するための「アスベスト使用調査報告書」や現在ローンが残っているかどうかを確かめるための「ローン残高証明書」に「ローン返済予定表」、「建築設計図」や「設備仕様書」などなど、相手側の求めに応じて多種多様な書類を用意しなければなりません。

求められる書類の種類は業者によっても異なってくるため上に挙げた全てのものが必ず必要となるわけではありませんが、それでも相手からの求めに応じられなければ契約を結べないこともあります。

まとめ

マンション買取契約を不動産業者と結ぶにあたっては、安全性ならび信頼性を確保するため、実にたくさんの書類を用意する必要が生じてきます。肝心なときに見つからず取り乱してしまわないよう、書類は常に無くさず大事に保管しておきましょう。

 

サイト内検索
記事一覧