【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

購入時より高値でマンション買取されるのってある?どんなケース

新品は中古品よりも安く買い取られてしまうのはゲームや本などでもよく知られていることですが、マンション買取でも事情は同じなのでしょうか。当初よりも高値で売れる可能性があるのかどうかについて説明します。

一般的には安値で売ることになってしまう

ゲームや本などを中古品店に買い取ってもらうときと同じように、マンションの場合にも一般的には買ったときよりも安い価格で売ることになってしまうのが一般的です。マンションの価値は年々低下していくことが知られていて、築年数があまり古くなってしまうと買い手が見つからなくなってしまうことすらあります。

基本的には減価償却の考え方に従って毎年マンションの価値が低下していき、買取の査定価格も下がっていってしまうのが通例です。当然と言えば当然のことで、古くなれば床や壁などの老朽化も進み、当初は新しかった設備も古くて一時代前のものという認識を持たれてしまうようになります。

マンションの建物自体も老朽化が進んでしまって、外壁塗装などのリフォームをしなければならなくなりがちです。その負担が生じることを加味しても購入した当時よりは価格が下がってしまうことは否めません。

ただ、4000万円で買ったマンションが5000万円で買い取ってもらえたという事例もないわけではありません。どのようなときに購入価格よりも買取価格のほうが高くなることがあるのでしょうか。

地価が高騰していると高値になる可能性がある

マンション買取のときには査定をしてもらって買取価格がいくらかを計算してもらうことになりますが、その金額が何を対象にして算出されているかを知っているでしょうか。

マンションを買い取ってもらおうとしているとマンションの価値に基づいて決まっていると考えてしまいがちです。しかし、実はマンションを買い取るときにはそのマンションが建っている土地も買い取らなければなりません。一棟マンションを売るときにはそのマンションの建っている土地全体も買い取ってもらうことになり、部屋を売る場合には按分の考え方が適用されて占有面積が全体のどのくらいを占めているかに応じて買い取る土地の割合も決まります。

マンションは年々劣化していってしまって価値が下がるのは確かですが、土地については特に経年変化をするものではありません。土地の需要が高い地域では地価が高くなり、余っている地域では地価が下がるというのが一般的な傾向です。

そのため、マンションを買った当時よりも地価が大きく高騰していると買取価格が高値になる場合があります。例えば、当初はマンションが9000万円、土地が6000万円の価値を持っていたとしましょう。経年によってマンションの価格は6000万円に低下してしまったものの、その地域で都市開発が進められて地価が上がり、土地の価格が1億円になったとすると差額で1000万円が利益になるのです。

住宅の需要が高騰していても高く売れることがある

実は買取価格は必ずしもマンション自体の価値によって決まるわけではありません。業者としては買い取ったマンションを買ってくれる人を探し、買取価格よりも高い値段で販売することにより利益を得るのが大切です。もしマンションの価値があまり高くなかったとしても、高値で買いたいという人が見つかる可能性が高いと判断できたら高額で買い取ってくれることもあります。

このようなケースがあり得るのは住宅の需要が高騰していて供給が間に合っていない場合です。都市開発によって住みやすい環境が整い、ファミリー層が注目するようになったけれど物件があまりに少ないといったときにはかなり買取価格が高くなることがあります。あるいは公共交通機関を利用しやすくなったことでオフィスの進出がおこなわれ、単身者が住めるマンションの需要が高騰することもあるでしょう。

そのタイミングでワンルームマンションを売れば高値が付く可能性が十分にあります。ただ需要が高騰するだけでなく、住宅の不足も伴わないとなかなか驚くほどの高値になることはありませんが、地価も同時に高騰することが多いので買ったときよりも高く買い取ってもらえることも稀ではありません。

 

マンションもゲームや本などと同じように古くなると買取価格も低くなってしまうのは確かで、経年劣化によってマンションの価値が下がるのが原因になっています。ただ、必ずしも購入当初よりも安い値段でしか売れないわけではなく、条件が揃っていれば高値で売れることもあります。

マンションを売るときには土地も一緒に売ることになるため、地価が高騰していると高値になることもあるでしょう。また、住宅の需要が高騰しているにもかかわらず供給が不足している状況があると買取価格も上がるのが一般的です。都市開発が進むとこのようなケースが生まれやすくなるので、状況を冷静に把握して買い取ってもらうタイミングを見極めるようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧