【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

悪質マンション買取業者に騙されないコツとは?

なるべく早く現金が欲しい場合や手持ちのマンションをなんとかして負担なく処分したい場合には、買取をおこなっている不動産業者へ依頼する方法がセオリーです。しかし、中には依頼者の足元を見て不当な取引をしようとする悪質な業者も存在しています。

この記事では、悪質マンション業者に騙されない為の対策やコツについて解説をいたします。

悪質マンション買取業者の特徴

残念なことではありますが、悪質なマンション買取業者というのは現代においても少なからず存在しています。しかし、そのような業者にはあるいくつかの共通点が存在するため、それを知っていれば避けられる可能性もあるのです。

・誇大広告

意外に思われるかもしれませんが、悪質な業者というのは宣伝に対して力を入れている場合が多いです。とにかく宣伝だけを派手に打っていればそれにつられて問い合わせにくる人間が出てくるので、そういった人を狙っています。

とくに、あまりにも虫がよすぎるような、よいことを言いすぎている広告を出している業者には注意すべきでしょう。「必ず高値で買取ります!」といったような甘いことばの裏にはほとんどといってよいほど罠があるのです。

・態度が高圧的

また、悪質な業者の多くはまともな人材を雇用できていません。悪どい事業で不当に利益を獲得しようと考えているため、人格的に問題があり倫理観のない人材を集めようとします。稀にまともな人材が雇用されることもありますが、そのような企業の環境は劣悪であるため、すぐに辞めてしまうのです。

悪質な業者へ問い合わせなどをおこなった場合「教えてやっているんだ」といったような態度を取られたりすることがしばしばありますが、これはまともな社員教育を受けておらず、モラルがないからです。

あるいは、最初のうちだけ下手に出ておきながら、話し合いがある程度進むと突如態度を豹変させ脅迫まがいに契約を迫ってくるといった場合もあります。

・連絡が途絶えたり遅れたりしがち

そのような悪質な業者は顧客を大事にせず、汚い言い方をすればある種の「金づる」としか見ていません。ですので、問い合わせへの回答や書類の手続きに関してもたびたび途絶えさせることがしばしばです。

これは悪徳な業者に共通しているモラルの低さに加え、常に顧客とのトラブルを抱えているため個々の問い合わせに対して満足に対応できないというのも理由でしょう。

悪質な買取業者と契約してしまうとどうなる?

このような特徴を見抜けず、悪質な業者と契約してしまった場合、ほぼ必ずと言ってよいほど依頼者は大きな損を被ることとなってしまいます。ポピュラーな手法としてよく知られているのが、査定額の急な変更です。

「高値買取」といったような広告の謳い文句につられて査定を依頼すると、最初の段階ではその通りの額を提示してきますが、後になって突然「問題が見つかったので額を下げる」と言い張り、半ば脅し紛いに安い価格での契約をさせようとしてきます。

もうひとつの手法としては、支払いの際に小切手を使ったものです。これが使用可能であれば問題ないのですが、悪質な業者はあえて記載に不備があり使用できない小切手を渡してきます。これを受け取ってしまうと、最悪一銭も受け取ることなくただマンションだけを持ち逃げされてしまうといったような最悪な状況になりかねません。

悪質な買取業者に騙されないためには

このような悪質な業者に引っかからないために、以下のようなことに気をつけておきましょう。

査定は複数の業者へ依頼する

ひとつの業者だけに査定依頼を出すのではなく、最低でも2〜3の業者へ査定を出しておいた方がよいでしょう。そのようにしておけば、その中にひとつ悪質な業者が混ざっていたとしても他の査定と比較してすぐに見抜くことができるからです。

連絡が遅い、対応におかしな点が見られた業者には売らない

こちらから問い合わせをおこなったにも関わらず何日も返答がなかったり、電話で妙に景気のよいことばかりを言うような業者は怪しむべきです。

たとえ悪質ではなかったとしても対応に問題があるのは明らかで、そうしたいい加減な業者に任せていると後々思わぬトラブルを引き起こしかねません。自分の大事なマンションを売るのですから、心から信頼できる業者に任せるつもりで厳しく見定めましょう。

支払いは現金で

大量の現金をやりとりするというのは確かに不安なものですが、小切手と比べるとその信頼性ははるかに高いです。ふだん小切手を見慣れていない人にとってはその不備などがわかりにくく、それが悪質な業者にとっては好都合なのです。だからこそ、マンション買取の代金はなるべく現金で受け取るようにしましょう。

まとめ

マンション買取のみならず、不動産売買に関するトラブルは後を絶ちません。一度騙されてしまうと物件を取り返すのには大変な労力を費やさなければならないので、悪質業者に引っかからないための自衛手段を講じておく必要があります。

サイト内検索
記事一覧