【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

査定日までに準備しておくことってあるの?

マンションの買取を不動産業者に実施してもらうにあたって、どのような準備をすればいいかそれほど多くの人が知っているわけではなく、せっかくのチャンスを逃して安い価格で査定され手持ちの物件を手放してしまう方も少なくないようです。

この記事では、マンション査定実施前に準備しておくべき事柄について解説をおこなっていきます。

マンション買取査定は侮れない

「査定といっても少々価格が少なくなるぐらいで、大したことではないだろう」というように査定を軽視されている方も中にはおられますが、決して侮ってよいものではありません。

不動産業者の立場に立って考えてみればわかりますが、彼らは一部例外はあれど、買い取ったマンションをリフォームののちに売却することによって利益を獲得できるのです。だからこそ、自分たちの利益につながらないマンションに対してはかなりシビアな評価がなされる場合もあります。

査定で減額されてしまうポイント

査定においては専門知識を持ったスタッフが実際にマンションを訪問し、さまざまな箇所をチェックしたうえで「自分たちの基準にどれぐらい沿っているか」「ネガティブなポイントはないか」ということに関して判断します。この際、以下のような点が見つかると、減額査定の原因となってしまうのです。

・情報の不足

マンションの価値というのは、見た目だけですべてが判断できるものではありません。築年数や間取り、土地や床の面積などのさまざまなデータもマンションの価値を見定めるための重要な情報となります。事実、多くの不動産業者は実際に内覧をおこなう前にこうしたデータをリサーチし、おおよその価格を計算します。(これが「机上査定」です)

机上査定をおこなう場合、面積や間取りなどが書かれた資料を求められることがあります。その際資料紛失などで提出できないということが起きれば、査定においてもあまりよくない影響を及ぼすでしょう。

・設備の故障

マンション内には住民が安全かつ健やかに暮らすためのさまざまな設備が用意されています。買取の際これらすべてを所有者の手で処分してしまうというのであればともかく、設備を含めて買取ってもらうというのであれば、その状態に関して注意しておいた方がよいでしょう。

各室や共用部に備わっている設備に故障がありまともに動作しないといったような状態であれば、買取をおこなった業者側がその修理や処分をしなければならなくなり、余計な手間や費用が発生することとなります。そしてその分が査定に悪い意味で影響することは想像に難くないでしょう。

・外観および内装の見た目

それに加え、外観や内装の見た目も、もちろん重要です。壁紙が剥がれ、床にはゴミが散乱しているような汚い部屋を高値で査定してくれるような業者はかなり奇特でしょう。

査定前にやっておくべき準備

このような減額のポイントをふまえたうえ、査定前に済ませておきたい準備を考えるならば以下のような事柄となります。

・本格的なクリーニング

マンションの築年数や管理状態によっては、内部に、かなりひどい汚れがたまってしまっていることも十分に考えられます。これが査定にネガティブな影響を及ぼすことは間違いないので、実施日の前に徹底したクリーニングをおこなわなければなりません。

とは言え、マンションの規模によっては個人の力だけでのクリーニングは難しいでしょう。少々コストはかかってしまいますが、専門の業者に依頼するという方法をとることもよい選択です。しかしその場合は、査定の実施日に間に合うようスケジュールを組んでおくよう気をつけておきましょう。

・物件に関する書類の準備

また、机上査定に関する準備もしておくべきでしょう。たとえ物件自体の品質はよかったとしても、正確なデータに関する資料が残されていないものによい査定結果が下る可能性は高くありません。

「土地測量図」や「業界確認書」、「工事記録書」に「建築設計図書」など、物件に関する詳細な情報が記載された書類に関しては決して紛失させることなく、一ヶ所にまとめて大事に保管しておきましょう。

・設備の修理、メンテナンス

設備を処分せずそのまま業者に買い取らせる場合は、それらをよい状態に保持しておくべきでしょう。壊れていたり正常に稼働していない設備については修理をおこない、年数の経過しているものに関しては大なり小なりメンテナンスを実施しておくのが得策です。設備の状態がよいものでなく、なおかつ修理やメンテナンスのコストが嵩む場合は思いきって処分してしまうのも手です。

まとめ

以上、マンション査定において準備しておきたい事項についてでした。査定の結果によって得られる金額というのはかなり大きく異なってきます。できるだけたくさんの利益を獲得したいのであれば、査定前の準備は抜かりないようにしましょう。

サイト内検索
記事一覧