【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

マンション買取したら確定申告は必要?書き方は?

できるだけスピーディに現金を確保するための手段として、現在所有しているマンションの買取を不動産業者に依頼するというのは効果的な手段のひとつといえます。しかしその際は、発生する税金の種類や額に関して注意を払っておかなければなりません。

今回は、マンション買取にあたって確定申告は必要なのか、そしてその手続き方法について解説していきます。

マンション買取で確定申告は必須?

まず、マンション買取契約をおこなって物件の現金化に成功した場合、確定申告をする必要があるのかということについて解説していきます。結論から言わせていただければ、これはほとんど必須といってもよいでしょう。

その根拠としては、そもそも確定申告というものが納税者の義務として定められているというのが大きいです。マンションを手放したことによって何かしらの利益が発生したにも関わらず確定申告をしなかったとなると、それは「申告漏れ」にあたり、税務署から処罰を受けるおそれがあります。

不動産に関する情報を扱っているサイトの中には「利益さえ出なければ確定申告をおこなう必要はない」と述べているところもありますが、これについても賛同しかねます。そもそも確定申告というのは「今年はこれだけの利益が出た」ということと同じく「今年はこれぐらいの損失が発生した」ことを報告するための手続きでもあります。

何が言いたいのかというと、損失が出たなら出たでその詳細をしっかり書類に買いて提出しておかなければ、実態と釣り合わない課税などがなされても文句をいいようがないということなのです。

たとえマンションの買取額が購入時の額に届かなかったとしても、効果的な節税を受けるために確定申告をしっかりおこなっておく必要があります。

確定申告のために必要な書類

正しく確定申告のための手続きをおこなうにあたっては何はともあれ書類を揃えなければなりません。税務署からは「確定申告B様式」「譲渡所得内訳書」「分離課税用確定申告書」、自身では「売買契約書」「経費を証明する領収書」が必要です。それに加え、同年に別の物件へと買い替えた場合はそれに関する売買契約書や住宅ローンの「残高証明書」「住民票」などが必要です。

また、後述する特例措置を受けることを検討している場合にはさらに「登記事項証明書」や「取得期限延長承認申請書」、「先行取得資産に係る買換えの特例の適用に関する届出書」やそのほか「居住用財産の譲渡損失の金額の明細書」「居住用財産の譲渡損失の損益通算および繰越控除の対象となる金額の計算書」などが必要となってきます。

確定申告の際の特別控除

マンション売却によって利益を得た場合、ある特別な控除を受けることができます。これを利用すれば、支払わなければならない所得税などの額を大幅に減らすことも可能です。とくに大きいのがいわゆる「特別控除」と呼ばれているもので、これは額にして3,000万円となっています。これだけの控除を受けることができれば、税の負担をかなり軽くすることもできるでしょう。

しかし、この特別控除を受けるにあたってはいくつかの条件をクリアする必要があります。具体的には「売却した物件に居住の事実があったこと」「血縁関係者間での売却でないこと」といったようなものです。マンションを居住目的で利用していた人であれば、この条件はかなり通りやすいといえます。

確定申告の際に注意すべきこと

確定申告の手続きというのは、注意しておかなければならないことがたくさんあります。

・・申告額の間違いは絶対ないように
これだけは間違えてはならないことについて述べさせていただきます。マンション買取によってどのぐらいの金額を得たかということは必ず正しく書いてください。ここで桁を多めに書いてしまえば余計な税金がかかってしまいかねませんし、逆に少なく書いてしまうと過少申告したとされて後々追徴金を支払う羽目になってしまいます。

よって、申告額については記入後もチェックを怠らないようにしましょう。もし提出後間違いに気づいたのであれば、すぐに修正申告をしてください。

・・申告、納税の遅れは厳禁
毎年少なくない人がやってしまうのが、申告書の提出期限を忘れて出し損ねてしまうことです。確定申告において書類の提出遅れというのはかなり厳しく評価されます。絶対ではないにせよ、ただ申告が遅れただけで「無申告加算税」なるものが課せられたりすることがあるのです。

それに加え、確定申告後の納税を遅らせた場合も「延滞税」が課せられます。ムダな出費を防ぐためにも、期限内の申告を厳守するようにしましょう。

まとめ

確定申告をおこなうことによって節税効果も期待できるため、たとえマンション買取によって利益が発生しなかったとしても申告はしておいた方がよいでしょう。わからないことがあれば、税理士など専門家の意見を聞くなどして書類の準備にチャレンジしてみてください。




サイト内検索
記事一覧