【中古マンションの買取業者おすすめ5選!】相場価格での売却や見積もり査定を行ってくれる会社を厳選比較でご紹介!

住み替えたい!マンション買取と購入どっちを先にしたらいい?

高いお金を出し長期間のローンまで組んだマンションであったとしても、年月の経過によって「住み替えたい」と思うようになることも少なからずあるでしょう。

その場合、マンションを不動産業者などに買取ってもらう方法が考えられますが、いろいろと気をつけることがあります。今回はマンションの住み替えと買取について解説します。

どちらを優先するかは人による

マンション買取を先におこなうか、新居への住み替えを優先しておこなうかという問題に関してですが、これについてまず一番最初に結論を述べるならば「どちらでもよい」ということになります。誤解なきようさらに詳しく説明すれば「どちらを優先してもそれぞれのメリットがある」ということです。

住み替えか買取か、どちらを優先すればよいかという話に絶対的な正解はなく、対象となるマンションの所有者がどういったことを優先するかで正解というのは変わってきます。逆に言えば、その判断を誤ると手痛い損をしてしまいかねないのです。

マンション買取を優先した場合のメリット

それでは、それぞれの選択肢を選んだ場合に想定されるメリットについて解説をしていきましょう。まずは、新居よりもマンションの買取売却を優先した場合です。マンションの買取を先に済ませることができた場合、もっとも大きなメリットは新居購入を潤沢な予算でおこなえるということです。

あらかじめ用意されていた費用に加えマンションの売却金が加わるため、自身の希望に叶った新居の購入がよりやりやすくなります。次の新居をすばらしいものにしたいとお考えの方におすすめです。

それに加え、マンションの売却を優先することによって時間的な余裕が生まれるので、さまざまな業者が出している見積もりをゆっくり見比べながら、慎重にことを運ぶことができるというのも大きいです。マンション買取でできるかぎり大きな結果を出したいのであれば、マンション売却を先に済ませておいた方がやいとも言えるでしょう。

ただし、この方法にはいくつかデメリットがあります。まずは、マンション買取契約が結ばれてから新居を探すことが基本となるため、それに費やせる時間がそれほど取れません。

あまりにも時間がかかってしまうとマンションの引き渡し日を迎えてしまい仮住まいを用意しなければならず、そのためにムダな出費が発生する場合があります。また、引渡し日までにマンションに住み続けることになる可能性が高いので引渡しの準備が間に合わず、それが原因でアクシデントに発展する可能性もあるでしょう。

ですので、マンション買取を優先する場合は、資金の調達と売却益の獲得を最優先としたうえで、契約から引渡しまでのプランを滞りなく進められる自信があるかどうかを考えてみればよいかと思われます。

新居を優先した場合のメリット

次は、新居の購入を優先した場合のメリットとデメリットについて考えてみましょう。この場合得られるもっとも大きな利益は、新居を選ぶための時間をたっぷり取れるということでしょう。買取を優先した場合のように引渡しまでの期限に追われるということもないので、じっくりといろいろな物件を比較しながら検討することができます。

それによって「引渡し日までに新居選びが間に合わなかった」といったようなことも起こらず、仮住まいを用意する必要がゼロになります。お金をムダにしたくない方、新居選びに時間をかけたいという方にはおすすめの方法と言えるでしょう。

しかしその反面として、どうしてもマンションの売却は後回しになってしまいます。買取を優先した場合のように豊富な資金を新居購入に回せなくなるというだけでなく、何かしらの経済的な状況の変化や災害によって物件の価値が下落してしまい「もっと早くに売っておけば」と嘆いてしまうようなこともないとは言い切れません。

それに加え、ローンの問題も無視できないでしょう。希望の新居を購入できたとしてもそれまで住んでいたマンションの買い手がつかなければ、所有者はふたつの物件のローンを支払い続けなければならなくなります。これは経済的に考えてかなりの痛手です。

このような状況を防ぐためにはできるかぎり早くマンションを手放さなければならないのですが、それが精神的な焦りを生んでしまい、かなり安い価格で売却してしまう羽目になってしまったといったようなこともしばしば起こり得ます。

このようなデメリットから考えた場合、新居選びを優先する場合は、自身に経済的な余裕があり、なおかつ新居の質に最大限こだわりたいという状況であった方がよいと言えるでしょう。

まとめ

マンション買取かあるいは住み替えか、どちらを選ぶにしてもそれぞれメリットとデメリットがあります。自身の経済的状況や希望を考え、どちらを優先した方がよいのかじっくり考えてから判断しましょう。

サイト内検索
記事一覧